ネッツトヨタ中部

チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー

クラブマンシリーズに転向  新車でチャンピオン獲得に賭ける!

クラブマンシリーズに転向  新車でチャンピオン獲得に賭ける!

2017年の開幕戦(4月1日・2日)ツインリンクもてぎ。ミッドレスのエースナンバーであるカーナンバー38は、ゼッケンベースの帯が前年までの赤から白に変わっていた。それは86/BRZレースプロフェッショナルシリーズから、クラブマンシリーズへのクラス替えを意味していた。 「その代わりにフル参戦してクラブマンシリーズのチャンピオンを獲れ、と。まぁ、そう簡単ではないと思いますけど…」。ドライバーである神谷裕幸選手は、いつものように少し照れたような笑顔で、そう答えた。 日本のトップクラスのプロドライバーが居並ぶプロフェッショナルシリーズは、確かに上位入賞が難しい。アマチュアでありミッドレス社員の神谷選手がプロフェッショナルシリーズを4年間戦って残した成績は、2014年の最終戦での9位入賞が最上位。それが唯一のトップ10だった。
ヴィッツレースからのステップアップ組のひとりである神谷選手は、トヨタのワンメイクレースシリーズで速さもテクニックも備える実力派として知られていた。それでもプロドライバーの中では苦闘し、激しいバトルが展開される中盤グループで戦ってきた。 しかし、だからといってクラブマンシリーズで簡単にチャンピオンが取れるわけではない。ヴィッツレースで優勝を争ってきたライバル達が、すでに何人もクラブマンシリーズを戦っている。彼らは使用するタイヤに対するデータやノウハウも、ずいぶんと蓄積しているはずだ。しかも神谷選手は86/BRZレースにフル参戦したシーズンが一度もなく、走行経験していないサーキットさえ存在していた。 ただ、マシンが後期モデルへとチェンジした2017年シーズンは、起死回生のための絶好のチャンスに違いなかった。

2017年の開幕戦(4月1日・2日)ツインリンクもてぎ。ミッドレスのエースナンバーであるカーナンバー38は、ゼッケンベースの帯が前年までの赤から白に変わっていた。それは86/BRZレースプロフェッショナルシリーズから、クラブマンシリーズへのクラス替えを意味していた。

「その代わりにフル参戦してクラブマンシリーズのチャンピオンを獲れ、と。まぁ、そう簡単ではないと思いますけど…」。ドライバーである神谷裕幸選手は、いつものように少し照れたような笑顔で、そう答えた。

日本のトップクラスのプロドライバーが居並ぶプロフェッショナルシリーズは、確かに上位入賞が難しい。アマチュアでありミッドレス社員の神谷選手がプロフェッショナルシリーズを4年間戦って残した成績は、2014年の最終戦での9位入賞が最上位。それが唯一のトップ10だった。

ヴィッツレースからのステップアップ組のひとりである神谷選手は、トヨタのワンメイクレースシリーズで速さもテクニックも備える実力派として知られていた。それでもプロドライバーの中では苦闘し、激しいバトルが展開される中盤グループで戦ってきた。

しかし、だからといってクラブマンシリーズで簡単にチャンピオンが取れるわけではない。ヴィッツレースで優勝を争ってきたライバル達が、すでに何人もクラブマンシリーズを戦っている。彼らは使用するタイヤに対するデータやノウハウも、ずいぶんと蓄積しているはずだ。しかも神谷選手は86/BRZレースにフル参戦したシーズンが一度もなく、走行経験していないサーキットさえ存在していた。

ただ、マシンが後期モデルへとチェンジした2017年シーズンは、起死回生のための絶好のチャンスに違いなかった。

  • 2014年まではクラス分けがなかった
  • 2016年シーズンはプロシリーズに参戦
  • 神谷裕幸選手はネッツトヨタ中部の社員でもある

第4戦で初めてのポール&優勝! ついにその実力が開花する

第4戦で初めてのポール&優勝! ついにその実力が開花する

開幕戦は3番グリッドを獲得、持ち前の速さを見せたものの、決勝レースでは惜しくも2位となった。期待通りの上々のシーズンインではあったが、2014年以来3年ぶりのツインリンクもてぎ、低温下でのタイヤのデータなど、神谷選手にはいくつか不足していた。 立ちはだかったのは、ヴィッツレースでもライバルだった小野田貴俊選手。彼は3シーズン目の86/BRZレースクラブマンシリーズであり、過去2シーズンともにチャンピオン争いを繰り広げてきた。第2戦(5月7日)でも、またトップを走る小野田選手の後ろでレースをすることになり、結果は3位。今シーズンはこの2人の争いになることを予感させた。 しかし、続く第3戦(6月3日・4日)富士、3番グリッドからスタートした神谷選手は、思わぬマシントラブル見舞われ、何とかゴールまで運ぶのが精一杯で9位に終わる。小野田選手が予選でミスし決勝もノーポイントだっただけに、大量得点でランキングを逆転するチャンスでもあった。
だが、第4戦(7月1日・2日)。ホームコースである岡山で神谷選手はポールポジションを獲得、そのまま初優勝を果たす。しかもファステストラップも記録した、完全勝利だった。会心のレースでフルポイントを加算し、シリーズランキングでもトップに躍り出た。開幕戦からの速さを、しっかりと結果に結びつけたこのレースから、シリーズの流れが大きく変わっていった。 2連戦の十勝(7月28日~30日)は、初めてのコースだったが優勝&3位となり、さらに第7戦富士(9月1日・2日)でもポール・トゥ・ウィンを勝ち取った。ついにシリーズチャンピオンへ王手をかけた。全10戦で行われた2017シーズン、クラブマンシリーズはポイント上位5戦が有効ポイントとなる。 優勝3回、2位1回を記録していて、あと1勝すればチャンピオンが確定する。圧倒的な速さと、絶対的な安定感を見せていた神谷選手が、次戦で表彰台の頂点でチャンピオン獲得を喜ぶ姿を見せてくれるはずだった。

開幕戦は3番グリッドを獲得、持ち前の速さを見せたものの、決勝レースでは惜しくも2位となった。期待通りの上々のシーズンインではあったが、2014年以来3年ぶりのツインリンクもてぎ、低温下でのタイヤのデータなど、神谷選手にはいくつか不足していた。

立ちはだかったのは、ヴィッツレースでもライバルだった小野田貴俊選手。彼は3シーズン目の86/BRZレースクラブマンシリーズであり、過去2シーズンともにチャンピオン争いを繰り広げてきた。第2戦(5月7日)でも、またトップを走る小野田選手の後ろでレースをすることになり、結果は3位。今シーズンはこの2人の争いになることを予感させた。

しかし、続く第3戦(6月3日・4日)富士、3番グリッドからスタートした神谷選手は、思わぬマシントラブル見舞われ、何とかゴールまで運ぶのが精一杯で9位に終わる。小野田選手が予選でミスし決勝もノーポイントだっただけに、大量得点でランキングを逆転するチャンスでもあった。

だが、第4戦(7月1日・2日)。ホームコースである岡山で神谷選手はポールポジションを獲得、そのまま初優勝を果たす。しかもファステストラップも記録した、完全勝利だった。会心のレースでフルポイントを加算し、シリーズランキングでもトップに躍り出た。開幕戦からの速さを、しっかりと結果に結びつけたこのレースから、シリーズの流れが大きく変わっていった。

2連戦の十勝(7月28日~30日)は、初めてのコースだったが優勝&3位となり、さらに第7戦富士(9月1日・2日)でもポール・トゥ・ウィンを勝ち取った。ついにシリーズチャンピオンへ王手をかけた。全10戦で行われた2017シーズン、クラブマンシリーズはポイント上位5戦が有効ポイントとなる。

優勝3回、2位1回を記録していて、あと1勝すればチャンピオンが確定する。圧倒的な速さと、絶対的な安定感を見せていた神谷選手が、次戦で表彰台の頂点でチャンピオン獲得を喜ぶ姿を見せてくれるはずだった。

  • 第4戦岡山。ライバルの猛追をかわす
  • 岡山の初優勝で得た自信は大きかった
  • 初めて走った北海道・十勝でも優勝&3位

思わぬ形でチャンピオン決定!最終戦優勝で有終の美を飾る

思わぬ形でチャンピオン決定!最終戦優勝で有終の美を飾る

第8戦(9月30日・10月1日)もまた初めてのスポーツランドSUGOだったが、見事にポールポジションを獲得。しかし決勝は途中までリードしていたものの、フライングスタート判定されドライブスルーのペナルティ。10位ゴールとなった。 「ちょっと動いちゃいましたね(苦笑)。だけど鈴鹿で決めたいと思っていたので、これで良かったということにしてください」神谷選手が明るかったのは、チャンピオン争いのライバル小野田選手が6位に終わり、残り2戦を2連勝しなければ神谷選手の有効ポイントを超えられなくなったからだ。チャンピオンがまた一歩近づいていたことは間違いなかった。 第9戦(10月21日・22日)は、ミッドレスの地元ともいえる鈴鹿サーキット。神谷選手にとっても走り慣れたコースだ。台風接近の大雨の中で行われた予選は不調で、7番グリッドからのスタートに。
しかし台風の影響から、土曜日の夕方、レースは中止と発表された。その瞬間、神谷選手のシリーズチャンピオンが決定した。 雨が降りしきる薄暗くなったパドックは、慌ただしく撤収作業が行われていた。ただミッドレスのテントだけは、華やいだ空気に包まれていた。「本当に(チャンピオン決定で)いいんですよね?」いつも控え目な神谷選手らしい、チャンピオン決定後、最初のコメントだった。 「レースが中止になって、チャンピオンが決まるとは思っていませんでした。やっぱり小野田さんに勝って、チャンピオン決めたかったですね」。 その思いは、最終戦(12月8日・9日)で実現する。ポールポジションこそ獲得できなかったものの、逆転で優勝。4勝目を挙げて、2017シーズンを締めくくったのだ。

第8戦(9月30日・10月1日)もまた初めてのスポーツランドSUGOだったが、見事にポールポジションを獲得。しかし決勝は途中までリードしていたものの、フライングスタート判定されドライブスルーのペナルティ。10位ゴールとなった。

「ちょっと動いちゃいましたね(苦笑)。だけど鈴鹿で決めたいと思っていたので、これで良かったということにしてください」と、神谷選手が明るかったのは、チャンピオン争いのライバル小野田選手が6位に終わり、残り2戦を2連勝しなければ神谷選手の有効ポイントを超えられなくなったからだ。チャンピオンがまた一歩近づいていたことは間違いなかった。

第9戦(10月21日・22日)は、ミッドレスの地元ともいえる鈴鹿サーキット。神谷選手にとっても走り慣れたコースだ。台風接近の大雨の中で行われた予選は不調で、7番グリッドからのスタートに。

しかし台風の影響から、土曜日の夕方、レースは中止と発表された。その瞬間、神谷選手のシリーズチャンピオンが決定した。

雨が降りしきる薄暗くなったパドックは、慌ただしく撤収作業が行われていた。ただミッドレスのテントだけは、華やいだ空気に包まれていた。「本当に(チャンピオン決定で)いいんですよね?」いつも控え目な神谷選手らしい、チャンピオン決定後、最初のコメントだった。

「レースが中止になって、チャンピオンが決まるとは思っていませんでした。やっぱり小野田さんに勝って、チャンピオン決めたかったですね」。

その思いは、最終戦(12月8日・9日)で実現する。ポールポジションこそ獲得できなかったものの、逆転で優勝。4勝目を挙げて、2017シーズンを締めくくったのだ。

  • 第7戦SUGOで痛恨のフライング
  • 最終戦・富士でも優勝、通算4勝目
  • 2017クラブマンシリーズチャンピオンに輝く

2017 midress Result report

Rd.1ツインリンクもてぎ 4/1-2
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 小野田貴俊 ネッツ東埼玉ワコーズED86 10 23'40.778 -
2位 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 10 23'41.428 0.65
3位 橋本洋平 カーウォッチBS86REVO 10 23'42.250 1.472
4位 菱井將文 CUSCO BS 86 10 23'43.822 1.572
5位 古田岬 R-SPEC柿崎ルブテック 10 23’49.359 5.537
Rd.2オートポリス 5/7
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 菱井將文 CUSCO BS 86 10 22’45.462 -
2位 小野田貴俊 ネッツ東埼玉ワコーズED86 10 22’46.615 1.153
3位 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 10 22’47.073 1.611
4位 橋本洋平 カーウォッチBS86REVO 10 22’47.677 2.215
5位 長島大輝 埼玉自動車大学校ED生駒86 10 22’50.601 5.139
Rd.3富士スピードウェイ 6/3-4
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 庄司雄磨 OTG AREA 86 10 21’19.579 -
2位 橋本洋平 カーウォッチBS86REVO 10 21’20.434 0.855
3位 菱井將文 CUSCO BS 86 10 21’21.714 2.135
4位 松井宏太 ネッツ青森アップルRC86 10 21’28.085 8.506
5位 大久保仁 Forceネッツ東埼玉86 10 21’28.890 9.311
9位 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 10 21’32.411 16.452
Rd.4岡山国際サーキット 7/1-2
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 12 27’01.240 -
2位 菱井將文 CUSCO BS 86 12 27’02.879 1.639
3位 橋本洋平 カーウォッチBS86REVO 12 27’13.196 11.956
4位 小野田貴俊 ネッツ東埼玉ワコーズED86 12 27’14.756 13.516
5位 花里祐弥 埼玉トヨタ・エンドレスYH86 12 27’15.269 14.029
Rd.5十勝スピードウェイ 7/28-29
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 10 16’33.598 -
2位 小野田貴俊 ネッツ東埼玉ワコーズED86 10 16’35.179 1.581
3位 菱井將文 CUSCO BS 86 10 16’40.633 7.035
4位 松井宏太 ネッツ青森アップルRC86 10 16’44.835 11.237
5位 伊藤俊哉 サミット&ミッドランド 86 10 16’53.195 19.597
Rd.5十勝スピードウェイ 7/30
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 手塚祐弥 栃木スバルBSBRZ P.MU 14 23’07.431 -
2位 菱井將文 CUSCO BS 86 14 23’10.958 3.527
3位 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 14 23’11.554 4.123
4位 小野田貴俊 ネッツ東埼玉ワコーズED86 14 23’16.874 9.443
5位 松井宏太 ネッツ青森アップルRC86 14 23’26.000 18.569
Rd.6富士スピードウェイ 7/28-29
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 10 21’23.171 -
2位 小野田貴俊 ネッツ東埼玉ワコーズED86 10 21’23.759 0.588
3位 松井宏太 ネッツ青森アップルRC86 10 21’26.127 2.956
4位 花里祐弥 埼玉トヨタ・エンドレスYH86 10 21’36.219 13.048
5位 水野大 リキモリ剛式制動屋カークリ86 10 21’37.234 14.063
Rd.7スポーツランドSUGO 9/30-10/1
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 橋本洋平 カーウォッチBS86REVO 13 25’38.318 -
2位 長島大輝 埼玉自動車大学校生駒ED86 13 25’40.986 2.668
3位 松井宏太 ネッツ青森アップルRC86 13 25’42.931 4.613
4位 高橋泰裕 Green Brave 86 13 25’44.899 6.581
5位 小野田貴俊 ネッツ東埼玉ワコーズED86 13 25’47.251 8.933
10位 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 13 26’01.518 23.200
Rd.8鈴鹿サーキット 10/21-22
クラブマンシリーズ決勝Aレースは台風のため中止。
Rd.9富士スピードウェイ 12/8-9
Pos. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 神谷裕幸 N中部ミッドレススノコ86 10 21’00.295 -
2位 松原亮二 N群馬ジースパイスFK86 10 21’00.694 0.389
3位 小野田貴俊 ネッツ東埼玉ワコーズED86 10 21’11.450 11.155
4位 水野大 リキモリ剛式制動屋カークリ86 10 21’11.750 11.455
5位 長島大輝 埼玉自動車大学校生駒ED86 10 21’19.674 19.379

営業時間

平日:10:00 ~ 18:00

土日祝:10:00 ~ 18:00

※レース参戦日はエンジニア不在の為、メンテナンス等の作業はできませんのでご了承ください。

レーススケジュールはこちら

営業日

営業日 営業日

休業日 休業日

2018年5月

S M T W T F Sa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年6月

S M T W T F Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30