ネッツトヨタ中部

TOYOTA GAZOO Racing

  • チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー
  • チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー
  • チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー
  • チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー
  • チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー チャンピオン獲得ストーリー

開幕戦の快勝で幸先のよいスタート
だが鬼門のSUGOでまたしても魔物が…

ライバルたちを圧倒する強さと安定感を見せ、2017年のクラブマンシリーズ・チャンピオンに輝いた神谷裕幸選手。チャンピオンとして迎えた2018年開幕戦、鈴鹿サーキットのパドックにはカーナンバー「0」が誇らしいミッドレスカラーのマシンが鎮座していた。

その開幕戦、予選でシーズンを争う最大のライバルと目されていた#600小野田貴俊選手と#70庄司雄磨選手がクラッシュし、そのままリタイヤ。決勝レースでは、もう1人のライバル#25水谷大介選手とのバトルで順位の入れ替えもあったものの、余裕を感じさせる走りで優勝を果たした。2018年もシーズンも「主役は神谷だ!」という空気が生まれていた。

しかし、チャンピオン防衛はそう簡単ではなかった。第2戦SUGOの予選で神谷は速さを失っていた。チームの言葉を借りると「エンジン内の魔物が邪魔をしてトルク不足」のためストレートが伸びず、それを補うためにコーナーでギリギリを攻め過ぎコースオフ。予選通過のために3度目のアタックを敢行したものの、タイムが出るはずもなく17番グリッドからのスタート。決勝レースは他車との接触を避ける守りの走りで19位。不調の原因を明確にするためにも、ここでマシンにダメージを与えるわけにはいかなかったのだ。

チームの強力なバックアップで流れを引き戻し
得意の岡山で2勝目を挙げる

チームの強力なバックアップで流れを引き戻し、得意の岡山で2勝目を挙げる

シーズン序盤の2戦で、結果は天と地ほど大きく振れた。パワー不足を解消するためにミッドレスは新品エンジンへと乗せ換えを敢行、第3戦オートポリスに望んだ。その成果もあったのか、神谷がコースを攻略できていたからか、ライバルたちと対等に戦うことができた。予選6位からひとつずつポジションを上げ、2位でフィニッシュ。シリーズポイントでトップに立つことはできたものの、予選ではポールポジションの#70庄司雄磨選手からまだ1秒近く遅れている。パワー不足が完全に解消したとは言い難かった。

そんな状況をチームは強力にバックアップした。第4戦岡山では、雨上がりの変化するコンディションの中、堅実な戦略で予選ポールポジションを獲得。速さで勝るライバルたちを抑え切り、決勝レースはポール・トゥ・ウィンで今シーズン2勝目を挙げる。チームミッドレスと神谷はシーズンの流れを完全に引き戻したかのように見えた。

トランスミッション不調に泣いた夏の3連戦
不本意な3戦連続5位に終わる

トランスミッション不調に泣いた夏の3連戦、不本意な3戦連続5位に終わる

第5戦はFSW。2017年は2戦2勝した、神谷が好成績を残しているコースであり、当然結果も期待された。3組に分けて実施された予選で、神谷は1組でトップタイムを出すものの、2組で庄司雄磨選手がそのタイムを上回る。結果として2番グリッドからのスタートとなった。

そのスタートが決まった決勝レースは1コーナーの進入でトップ。しかし次の瞬間、その立ち上がりで失速し2位へ。ギヤが入らなかったのが原因だった。機嫌を損ねたトランスミッションに手こずり、5位でレースを終えることになった。シリーズポイントは、優勝した庄司雄磨選手がトップに立ち、神谷は2位へ後退してしまった。

続く第6戦・第7戦は、十勝での変則的な2連戦。第6戦はトップの水野大選手がシフトミスして失速、その後ろに居た神谷は行き場を失いポジションを下げ、結果5位となった。

第7戦はポールポジションからのスタート。オーバーテイクの難しい十勝では、優位性は大きい。しかし、まるで第6戦のリプレイのようなレースとなってしまった。1周目の4コーナーでシフトミスをした神谷は、庄司雄磨選手に先行を許し、その後はペースも苦しくなりポジションを落としていく。最終的に3戦連続の5位という不本意な結果に終わった。

あとがないチャンピオン争い
最後まで果敢にチャレンジ

チャンピオンを獲得するには残り2戦、優勝+2位が最低条件となってしまった。もちろん庄司雄磨選手が優勝しないのが前提だ。2連勝を心に決め、第8戦ツインリンクもてぎに乗り込んだ。しかし、もてぎはエンジンのパワーが大きく影響するコース。予選は1組3位となったものの、トップの庄司雄磨選手からは1秒以上の差があった。

だが決勝レース、2周目の1コーナーで先行する#30北見洸太選手がブレーキングポイントを見誤り、かなり早めの減速をしたため、神谷は追突してしまった。スピンした北見洸太選手に行く手を阻まれた形でコース上に完全停止し、大幅に順位を落とす。35位という結果になった。

これによって庄司雄磨選手のシリーズチャンピオンが決定した。

最終戦は再び鈴鹿。開幕戦を再現し、シーズンを締めくくりたいところだった。決勝レース、2位にポジションを上げ#610大島和也選手を追いかけたが、6周目にコースアウトしたマシンが横転するアクシデントが発生。レースは赤旗中断となり、そのまま終了となってしまった。

2018年シーズン、神谷は2度のポール・トゥ・ウィンで2勝、2位2回という成績を残し、ランキング2位と優れた成績に間違いない。しかし、パワー不足による苦しみ、不運としか思えないレース展開など、チームミッドレスと神谷にとっては大いにフラストレーションが溜まったシーズンだっただろう。その悔しさがチャンピオンを奪還するためのエネルギーとなるに違いない。

  • #0

    神谷裕幸選手N中部GRGミッドレスDL86

    Rd.1 鈴鹿
    予選1組1位・Aレース決勝優勝
    Rd.2 SUGO
    予選1組9位・Aレース19位
    Rd.3 オートポリス
    予選6位・決勝2位
    Rd.4 岡山国際
    予選1位・Aレース決勝優勝
    Rd.5 FSW
    予選1組1位・Aレース決勝5位
    Rd.6 十勝
    予選2位・決勝5位
    Rd.7 十勝
    予選1位・決勝5位
    Rd.8 もてぎ
    予選1組3位・Aレース決勝35位
    Rd.9 鈴鹿
    予選1組2位・Aレース決勝2位
  • #52

    牧智晴選手NUTECリミットN中部86

    Rd.1 鈴鹿
    予選1組13位・Aレース決勝20位
    Rd.3 オートポリス
    予選29位・決勝29位
    Rd.4 岡山国際
    予選A組22位・Bレース決勝7位
    Rd.5 FSW
    予選2組18位・Bレース決勝10位
    Rd.8 もてぎ
    予選1組28位・Bレース決勝8位
    Rd.9 鈴鹿
    予選1組28位・Bレース決勝12位
  • #48

    荒川美恵子選手もらいぼしK1アクト菱木R86

    Rd.1 鈴鹿
    予選2組35位・Bレース決勝23位
    Rd.2 SUGO
    予選1組26位・Bレース7位
    Rd.3 オートポリス
    予選36位・決勝35位
    Rd.4 岡山国際
    予選A組24位・Bレース決勝9位
    Rd.5 FSW
    予選3組30位・Bレース決勝36位
    Rd.6 十勝
    予選27位・決勝23位
    Rd.7 十勝
    予選28位・決勝26位
    Rd.8 もてぎ
    予選2組29位・Bレース決勝10位
    Rd.9 鈴鹿
    予選1組33位・Bレース決勝23位
  • #164

    井上博史選手ミッドレスワコーズDL86μ

    Rd.1 鈴鹿
    予選1組27位・Bレース決勝10位
    Rd.5 FSW
    予選3組26位・Bレース決勝40位
    Rd.9 鈴鹿
    予選2組27位・Bレース決勝6位
  • #888

    鈴木俊介選手CP55ミッドレス86

    Rd.1 鈴鹿
    予選1組34位・Bレース決勝27位
    Rd.5 FSW
    予選2組33位
    Rd.6 十勝
    予選28位・決勝24位
    Rd.7 十勝
    予選27位・決勝27位
  • #95

    佐々木敬規選手ミッドレス86ライトニング

    Rd.9 鈴鹿
    予選1組30位・Bレース決勝9位
  • #481

    角谷昌紀選手Masaki菱木レーシング86

    Rd.1 鈴鹿
    予選1組11位・Aレース決勝18位
    Rd.5 FSW
    予選3組19位・Bレース決勝5位
    Rd.9 鈴鹿
    予選1組13位・Aレース決勝14位

2017 midress Result report

Rd.1鈴鹿サーキット 3/31-4/1 決勝Aレース 出走40台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 0 神谷裕幸 N中部ミッドレスGRG86 8 23'57.526 -
2位 25 水谷大介 ネッツ東京レーシング86 8 23'58.371 0.845
3位 521 中島佑弥 GB CAMP 86 YH 8 23'59.174 1.648
4位 84 橋本洋平 カーウォッチBS86revo 8 23'59.805 2.279
5位 177 松田利之 ACCESS86 8 24'01.032 3.506
Rd.2スポーツランドSUGO 4/28-29 決勝Aレース 出走44台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 713 松原怜史 GR-G神戸垂水86BS 13 22'05.291 -
2位 25 水谷大介 ネッツ東京レーシング86 13 22'07.558 2.267
3位 758 安藤正明 C名古屋Racing 13 22'12.145 6.854
4位 70 庄司雄磨 OTG DL 86 13 22'13.741 8.450
5位 772 中島保典 CUSCO 86 13 22'14.182 8.891
19位 0 神谷裕幸 N中部ミッドレスGRG86 13 22'40.774 35.453
Rd.3オートポリス 5/27 決勝レース 出走40台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 70 庄司雄磨 OTG DL 86 10 22'41.553 -
2位 0 神谷裕幸 N中部ミッドレスGRG86 10 22'43.047 1.494
3位 760 岩本佳之 C名古屋メサイヤ86 10 22'45.678 4.125
4位 305 水野 大 リキモリ制動屋ピース剛式86 10 22'45.986 4.433
5位 771 菱井将文 CUSCO BS 86 10 22'47.137 5.584
Rd.4岡山国際サーキット 6/23-24 決勝Aレース 出走40台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 0 神谷裕幸 N中部GRGミッドレスDL86 12 22'54.152 -
2位 70 庄司雄磨 OTG DL 86 12 22'54.580 0.428
3位 771 菱井將文 CUSCO BS 86 12 22'56.182 2.030
4位 613 田嶋 聡 ネッツ兵庫インパルスDL86 12 22'57.345 3.193
5位 305 水野 大 リキモリ制動屋ピース剛式86 12 22'59.370 5.218
Rd.5富士スピードウェイ 7/21-22 決勝Aレース 決勝 出走45台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 70 庄司雄磨 OTG DL 86 10 21'23.738 -
2位 84 橋本洋平 カーウォッチ86BS revo 10 21'27.201 3.463
3位 25 水谷大介 ネッツ東京レーシング86 10 21'27.640 3.902
4位 713 松原怜史 GR-G神戸垂水86BS 10 21'28.120 4.382
5位 0 神谷裕幸 N中部GRGミッドレスDL86 10 21'30.144 6.406
Rd.6十勝スピードウェイ 8/19 決勝 出走27台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 84 橋本洋平 カーウォッチ86BS revo 13 21'21.454 -
2位 70 庄司雄磨 OTG DL 86 13 21'22.110 0.656
3位 25 水谷大介 ネッツ東京レーシング86 13 21'23.961 2.507
4位 771 菱井將文 CUSCO BS 86 13 21'24.271 2.817
5位 0 神谷裕幸 N中部GRGミッドレスDL86 13 21'27.188 5.734
Rd.7十勝スピードウェイ 8/19 決勝 出走27台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 70 庄司雄磨 OTG DL 86 14 22'58.859 -
2位 84 橋本洋平 カーウォッチ86BS revo 14 22'59.138 0.279
3位 771 菱井將文 CUSCO BS 86 14 23'01.201 2.342
4位 25 水谷大介 ネッツ東京レーシング86 14 23'02.112 3.253
5位 0 神谷裕幸 N中部GRGミッドレスDL86 14 23'02.229 3.370
Rd.8ツインリンクもてぎ 9/23 決勝Aレース 出走45台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 25 水谷大介 ネッツ東京レーシング86 10 23'45.623 -
2位 70 庄司雄磨 OTG DL 86 10 23'46.862 1.239
3位 703 花里祐弥 埼玉トヨタ・エンドレス86 10 23'48.197 2.574
4位 771 菱井將文 CUSCO BS 86 10 23'49.625 4.002
5位 521 中島祐弥 GB CAMP 86 10 23'53.501 7.878
35位 0 神谷裕幸 N中部GRGミッドレスDL86 10 24'53.731 1'08.108
Rd.9鈴鹿サーキット 10/27 決勝Aレース 出走40台
Pos. No. Driver Car name Lap Total time Gap
優勝 610 大島和也 TeamMDI/BSR86 5 12'54.117 -
2位 0 神谷裕幸 N中部GRGミッドレスDL86 5 12'54.428 0.331
3位 70 庄司雄磨 OTG DL 86 5 12'54.605 0.488
4位 305 水野 大 リキモリ制動屋ピース剛式86 5 12'55.303 1.186
5位 713 松原怜史 GR-G神戸垂水86BS 5 12'59387 5.270

※6周目、赤旗提示により終了

営業時間

平日:10:00 ~ 18:00

土日祝:10:00 ~ 18:00

※レース参戦日はエンジニア不在の為、メンテナンス等の作業はできませんのでご了承ください。

レーススケジュールはこちら

営業日

営業日 営業日

休業日 休業日

2019年10月

S M T W T F Sa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2019年11月

S M T W T F Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30