ネッツトヨタ中部

Race Report

Vitz Race

Rd1 鈴鹿サーキット

内藤章太が予選で6番手、井村太委智が同14番手を獲得!
入賞果たせずとも、2年目の成長ぶりを大いに感じさせた開幕戦

TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2020関西シリーズ第1戦
5.807km×8Laps
予選3月14日(土)天候/曇り 路面/ウェット
決勝3月15日(日)天候/晴れ 路面/ドライ

継続参戦を自ら志願した社員ドライバーたちが
新たなシーズンに活躍を誓う

全4戦で争われる「TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2020関西シリーズ」は、3月14〜15日に鈴鹿サーキットで幕を開けた。チームミッドレスは今年も社員ドライバーを中心に活動することとなり、#38内藤章太と#138井村太委智の継続参戦が決定。それも自ら志願した上での決定とあって気合十分、新たなシーズンにどれだけ成長を果たすか注目された。

土曜日に行なわれた予選は、あいにくのウェットコンディション。今回も2グループに分かれての計測となり、#38内藤、#138井村はともにBグループでの走行となった。すでに雨そのものはやんでいて、路面状態が徐々に回復していく中、昨年とは見違えるような走りを見せたのが#38内藤だった。最初の計測ラップからトップ10圏内に入り、周を重ねるごと着実にタイムを短縮していったのだ。最終ラップには3分2秒141をマークしてBグループ3番手につけることとなった。これは言うまでもなく、#38内藤にとって自己ベストの結果である。

#138井村も負けておらず。序盤こそ慎重な走りで中団に留まっていたが、徐々に攻めどころを見出していき、トップ10圏内に滑り込んでいく。やはり最終ラップに自己ベストとなる3分3秒373をマークして、Bグループ7番手につけることとなった。AグループのトップがBグループのトップより優ったことで、#38内藤は6番手、#138井村は14番手から決勝に臨むことに。



「今までの予選ベストは、岡山の最終戦の15番手でした。最初はやっぱりコースに水が残っていたんですが、後半になるにつれてレコードラインが乾いてきて、ある程度グリップするようになってきたので、そこをめがけて走っていました。日々やってきた努力が、少しずつ身になってきたのかもしれません。去年はずっとチームメイトに負けていたので、『今年こそは!』と。僕がここまで来られたのは、みんなの力のおかげです。決勝は速い人に囲まれて、正直ビビっていますけど、頑張ります」(#38内藤)

「開幕前のテストで飛び出したりしていて、自分の中で整理できないところもあったんですが、基本的なところ、止めて曲がってとかタイヤの使い方、ステアリング操作、アクセル、クラッチ、そういうのをうまくリンクできるよう、落ち着いてクルマを動かせることを考えていったつもりだったんですが……。なかなかうまくできませんでした。とりあえず大事に乗って、あとはどのぐらい出るかな、というところだったんですが。決勝ではもうちょっと上に行けるよう、頑張ります」(#138井村)

チームミッドレスのサポートドライバーの予選結果は以下のとおり。#628松木知選手(17番手)、#155飯田誠選手(22番手)、#191水野泰昌選手(24番手)、#55松本健二選手(28番手)、#70今井恵二選手(31番手)、#303杉村活文選手(37番手)、#52川瀬武男選手(43番手)、#381井上満夫選手(44番手)。

強豪たちに囲まれ、繰り広げたバトルは
間違いなく今後の成長材料になる!

予選が行なわれた土曜日とは好対照な、好天に恵まれた日曜日のスターティンググリッドには48台のマシンが並べられた。昨年の決勝ベストリザルトは、#38内藤が第3戦の17位、#138井村がやはり第3戦の14位。これは何としても更新して欲しいところだ。

注目のスタートは、#38内藤はそつなく決めたものの、#138井村はやや出遅れてしまい、1コーナーまでに2台の先行を許してしまう。#38内藤もオープニングラップのうちに2台に抜かれるも、前を行く車両にピタリと食らいついて、再び順位を上げようとしていた。だが、2周目のシケインで、チャンピオン経験のあるドライバーを抑えようとしてオーバーラン。13番手に後退してしまう。その直後に130Rで後方の車両がコースアウト。転倒していたことからセーフティカーが導入され、間もなく赤旗中断となる。

リスタート後の#38内藤は、前を行く車両から少しも遅れを取らず、隙あらばの意識が明らか。#138井村もなんとか#38内藤に食らいついていきたいところだが、6周目にひとつ順位を下げてしまう。そして最終ラップで先行する車両が1台S字でコースアウトし、それぞれひとつずつポジションを上げ、さらに#38内藤はシケインでのバトルを制して、11位でゴール。入賞にはあと一歩及ばなかったが、ベストリザルトの更新に成功した。そして、#138井村もまた先行車両のコースアウトに乗じ、16位にまで順位を戻したところでチェッカーとなった。

「後ろから200号車の黒田さんが迫ってきたので、『シケインで刺されるぞ』と思い、ちょっとブレーキングをミスっちゃって、オーバーランして順位を落としてしまいました。赤旗後は、『ここで心が折れたら終わりだ、元のポジションに戻るんだ』くらいの感じで、前のクルマに食らいついていきました。最終ラップのシケインを2ワイドで入っていって、立ち上がりで遅れたクルマがいたので、速い方のクルマに着いていったら、軽く接触してしまいましたが、結果的にオーバーテイクできました。すごく濃かったですね。錚々たる大先輩方と戦わせていただけて、すごくいい経験になったと思います。神谷さんや先輩方に教えをいただいて、より一層上達していきたいと思っています」(#38内藤)

「スタートを微妙に失敗しちゃって2台に並ばれた時、行き場がなくなってイン側に入ったんですけど、その時に遅れちゃったので。そこからは団子状態から抜け出せず、なかなか前に追いつかない状態が続いていました。全体的に自分に課題がありました、タイヤの使い方とか基本的な操作に。丁寧に乗ることを意識しないと、そもそも変わっていけないのかな、という感じです。つねづね神谷さんに言われているので、そこを意識して丁寧に走る、しっかりまわりを見ることができれば、次には行けるかなと思うんですが、今はそこが雑になっているので、それを課題にして次回のレースに臨みたいと思います」(#138井村)

チームミッドレスのサポートドライバーの決勝順位は、以下のとおり。#70今井選手(21位)、#55松本選手(22位)、#628松木選手(24位)、#155飯田選手(26位)、#191水野選手(27位)、#303杉村選手(36位)、#52川瀬選手(38位)、#381井上選手(40位)。

Team midress fighters

#38  内藤章太選手「ネッツ中部GRGミッドレススノコVitz」予選6番手・決勝11位

#138 井村太委智選手「ネッツ中部GRGミッドレススノコVitz」予選14番手・決勝16位

#70  今井恵二選手「GRGミッドレスさぶろーVitz」予選31番手・決勝21位

#55  松本健二選手「GRGミッドレス菱木レーシングVitz」予選28番手・決勝22位

#628 松木知選手「チームラヴィッツ&ネッツ中部ミッドレス」予選17番手・決勝24位

#155 飯田誠選手「GRGミッドレス★菱木レーシングVitz」予選22番手・決勝26位

#191 水野泰昌選手「N中部ミッドレスCJR瑞浪ヴィッツ」予選24番手・決勝27位

#303 杉村活文選手「ラヴィッツ・ミッドレス・エアリアル」予選37番手・決勝36位

#52川瀬武男選手「GRGミッドレス・FLANZ・Vitz」予選43番手・決勝38位

#381 井上満夫選手「杜の宮市☆柴田美装ミッドレスVitz」予選44番手・決勝40位

TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race 2020 関西シリーズ  Rd.1 SUZUKA  RESULT

midress gallery







営業時間

平日:10:00 ~ 18:00

土日祝:10:00 ~ 18:00

※レース参戦日はエンジニア不在の為、メンテナンス等の作業はできませんのでご了承ください。

レーススケジュールはこちら

営業日

営業日 営業日

休業日 休業日

2020年8月

S M T W T F Sa
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2020年9月

S M T W T F Sa
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30