ネッツトヨタ中部

Race Report

Yaris Cup

Rd3 オートポリス

神谷が3位でゴール、3戦連続表彰台へ!
内藤も粘り強く戦って、昨年の最終戦以来の入賞果たす

TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup2021西日本シリーズ第3戦  オートポリス
4.674m×9Laps
予選 7月31日(土)天候/晴れ 路面/ドライ
決勝 7月31日(日)天候/晴れ 路面/ドライ

九州・オートポリスでも30台オーバーの激戦!

6月からの遅いスタートだったこともあり、テンポよく開催されるYaris Cup2021。西日本シリーズ第3戦は本州を離れ、九州のオートポリスで7月31日に開催された。多くのエントラントが海を越えなくてはならず、今回のエントリーは33台。それでも、昨年までのVitz Race西日本シリーズはオートポリスだけで開催され、20台を越すことがなかったことを思えば、これでもかなり多いと言えるのではないだろうか。

今回も社員ドライバーである#38神谷裕幸、#138内藤章太を中心に、チームミッドレスはYaris Cupにサポートドライバーとともに挑む。#38神谷はここまで2戦連続で2位とあって、目指すは今季初優勝。そして#138内藤は今季初入賞が目標となる。


神谷が今季ワーストの予選6番手、対して内藤は12番手で入賞の期待がかかる

第3戦は予選、決勝を土曜日に行う、ワンデーでの開催となった。このレースウィークの印象としては、とにかく「暑い!」のひと言。真夏の九州だから当たり前といえば、当たり前なのだが、なにか度を超しているという感もあった。

金曜日の練習は、午前を予選シミュレーションとして、午後は決勝ロング想定で走った#38神谷。だが、いずれも完璧なクリアラップが取れず、本戦に向けて一抹の不安を感じていた。予選では#38神谷、#138内藤ともに早々とコースインしたこともあって、最初のアタックでそれぞれ2分25秒644、2分26秒244を記録し、トップと3位につけるも、こと#38神谷にとって納得のいく走りではなかった模様。その後に#38神谷のタイムを上回るドライバーが相次ぎ、何よりさらに2周走行を重ねたことからもそれは明らかだった。

2周目は黄旗が出ていたため、クールダウンに充てて3周目にまたアタックするも、2分25秒478とわずかな短縮に留まり、神谷にとって今季ワーストとなる予選6位に甘んじてしまう。一方、同様に周回を重ねた#138内藤は、その後の短縮はかなわなかったものの、12位のポジションを獲得し、今季ベストの予選となっていた。



#38神谷「う〜ん、なんだろう、って感じです。1周目はまとまらなくて、2周目に行ったんですけど、途中で黄旗が出ていたので、これはダメだと思ってやめて。3周目、もう1回行ったんですけど……。タイヤのいちばんいい時に行けても4秒台入るか、入らないかってところでしたね。昨日の練習は他のマシンに引っかかってばかりで、有益なデータがあまり取れていないからなのか。決勝に向けて対策を練らないと、という感じです。まぁ、時間はあるので、いろいろ考えて決勝に臨みます」

#138内藤「一発でタイムを出せたのは、ちょっと成長できたかなと。でも、練習走行から考えると、0.8秒ぐらいタイムが上がっているので、そうやって考えると、これが今の自分のベストかなと。本当に引っ張ってもらった神谷さんには、感謝の言葉しかないです」

3戦目にして果たした社員ドライバーのW入賞!

9周で争われる決勝レースは、上空に薄い雲がかかるようになり、若干ながら穏やかになったコンディションの中で行われた。好スタートを切った#38神谷は、1台をかわして5番手で1コーナーをクリア。トップグループのしんがりでレースを開始する。2周目と4周目に、ともに1コーナーで、1台ずつ抜いて3番手に浮上。トップはもう逃げ始めていたが、さらに順位を上げるべく、前の車両を#38神谷は必死に攻め立てる。

しかし、猛攻も中盤まで。そこからは前も後ろも離れ、#38神谷は単独走行を余儀なくされてしまう、ポジションを最後までキープし続けて、3位でゴールすることとなった。

スタートこそ無難だった#138内藤、1コーナーの渋滞を巧みにかわして、ひとつポジションをアップ。その後も8番手を争う集団の中で、ポジションアップを狙っていくが、後ろもピタリと着けているため、少しのミスも許されない状況となる。あと1台抜けば入賞なのだが、今ひとつ決め手を欠いていた。

しかし、チャンスは最終ラップに訪れた。前方で接触があり、ペースが鈍った車両を1コーナーでパス。これで10番手に浮上。後方の車両も依然として背後にいただけに、油断は許されなかったものの、ゴールまでの残り区間を丁寧に、慎重に走った#138内藤は10位入賞。昨年の最終戦・岡山以来となる入賞を果たすこととなった。

次回のレースは9月11〜12日に鈴鹿サーキットで開催される。引き続きチームミッドレスの活躍が期待される。







神谷裕幸選手のコメント

「序盤はガンガン行ったので、けっこう楽に抜けて。うまく隙をついていくことができました。逆にいうと、もう後半は厳しくなって。やっぱり予選がすべてですね。次は鈴鹿ですから、今季初優勝を目指します」

内藤章太選手のコメント

「スタートは決まっていないんですけど、前が団子状態になっている時に、するっと1コーナーで行けた感じですね。最後の方は守りの走りをせざるを得ず、序盤にタイヤを使っていたので温存していたら、もうちょっと行けたかもしれませんね。最終コーナーあたりでパーツが落ちていて、たぶん接触があったんじゃないかと思うんですが、そのクルマが落ちてきたので1コーナーで刺させてもらいました。抜き方を失敗すると、後ろからどんどん来ていたので、そこはもう慎重に。ここで1ポイントだけでも獲りたいと思っていたので、その目標が果たせたのと、今回はしっかりバトルして、勉強できたのが嬉しかったです」

Team midress fighters

#38  神谷裕幸選手「N中部GRGミッドレスYaris」予選6位 決勝レース3位

#138 内藤章太選手「N中部GRGミッドレスYaris」予選12位  決勝レース10位

#48  荒川美恵子選手「ツジホルモンYaris CVT」予選27位(クラス1位) 決勝レース27位(クラス1位)

TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup 2021西日本シリーズRd.3 AP  RESULT

midress gallery


チームミッドレスの#48「ツジホルモンYaris CVT」荒川美恵子選手は、予選27位でCVTクラス1位を獲得。決勝も健闘し、予選順位と同じ27位でゴールしCVTクラス1位で表彰された。




Rd3
      

営業時間

平日:10:00 ~ 18:00

土日祝:10:00 ~ 18:00

※レース参戦日はエンジニア不在の為、メンテナンス等の作業はできませんのでご了承ください。

レーススケジュールはこちら

営業日

営業日 営業日

休業日 休業日

2021年9月

S M T W T F Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2021年10月

S M T W T F Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31