ネッツトヨタ中部

Race Report

Yaris Cup

Rd1 富士スピードウェイ

新たなスタートを切ったYaris Cupに、チームミッドレスが挑む!
神谷が最終ラップで抜かれ、2位でゴールも今後に大きな手応え得る

TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup 2021東日本/西日本シリーズ第1戦 
富士スピードウェイ 4.563km×8Laps
予選 6月5日(土)天候/曇り 路面/ドライ
決勝 6月5日(土)天候/雨 路面/ウェット

関心の高さは、90台オーバーのエントリーからも明らか!

2000年にスタートを切り、昨シーズンで21年の歴史に幕を閉じたNetz Cup Vitz Raceの、コンセプトをそのまま受け継いだYaris Cupが、新たに開催されることとなった。シリーズは東日本、西日本に分かれて、それぞれ全5戦で争われるが、記念すべき最初のレースは、富士スピードウェイを舞台に、東日本/西日本シリーズを合わせた第1戦として開催された。

新たなシリーズへの関心の高さは、いきなり91台という大量エントリーからも明らかだ。その多くが、Netz Cup Vitz Raceから引き続きのエントリー、もしくは復帰のドライバーだった。富士スピードウェイの決勝出走台数は54台とあって、さっそく30台以上がコンソレーションレースに回らざるを得ず。

もちろんチームミッドレスもNetz Cup Vitz Race同様、Yaris Cupにも参戦決定。主に西日本シリーズを、社員ドライバーの#38神谷裕幸、#138内藤章太を中心として挑む予定である。



予選突破54台の狭き門に、チームミッドレスは4人を決勝に送り込む

Yaris Cupの初戦が行なわれるレースウィークは天候に恵まれず、特に最終チェックを行なうはずだった金曜日の専有走行は豪雨に見舞われてしまう。予選同様、2組に分けられて実施されたものの、B組に至っては誰も満足に走れぬうちに赤旗の連続で、早々に終了。A組はまだ走れたほどで、#38神谷はトップからコンマ8秒差の1分32秒021で4番手につけていた。

土曜日はもう雨こそやんでいたが、先に行うA組の予選は路面がまだ乾ききっていなかった。これは後半勝負と#38神谷は判断。20分間の計測をフルに使ってプッシュ。ピークを終了間際に迎えられるよう、周回を重ねていく。すると残り3分ぐらいから、レコードラインから水が履け始める。セッション半ばにはトップに立った#38神谷はタイムを詰め続け、2分19秒595にまで達したところでチェッカーが。

トップ奪取なったかと思われたものの、そのチェッカーが振られる直前に通過していたドライバーに土壇場のところで逆転を許し、#38神谷は2番手につけることとなった。

一方、B組は路面がほぼドライとなり、雲の切れ間から青空が見えるまでに。トップは1周目から2分18秒台を記すほどにコンディションは向上。その状況の中、#138内藤は#38神谷のタイムを上回る、2分19秒323を記録したものの、19番手に。それでも難なく決勝進出を果たすこととなった。なお、このB組からは今回がデビューレースとなる、千葉翔太選手が2分18秒296を記録して4番手を獲得。CVTクラスの荒川美恵子選手と合わせ、チームミッドレスからエントリーのドライバーは、4名が決勝レースに駒を進めることとなった。

「松原(亮二)さんがチェッカーの15秒ぐらい前に、コントロールラインを通過しているので、僕よりも1周多く走れているんですよ。しょうがないですね。決勝はドライになるので、全然いけるかなという感じだったので、頑張ります。YarisとVitzは全然違っていて、同じ感覚で乗っている、セッティングしている人はハマっているようですね。僕は最初から切り分けて考えていたので、比較的早くクルマの性格が分かりました。それを詰めていったら安定してタイムが出るようになりました」(神谷)

「正直、失敗しました。後半に向けてコンディションが向上していく中で、ウェットように内圧高めの状態で走り出したんですが、そのまま調整せずに走っちゃったのがいけないところだったと反省しています。今まではなんとなく走っていたんですが、今後はそういうところも、しっかりやっていかないといけないなと、ひしひしと感じました。決勝では1ポジションでも上げるべく、ノー接触で頑張っていきます」(内藤)

「レースは今回が初めてで、今までは北海道でジムカーナをやっていました。今日、初めて予選で新品タイヤを履いたんですが、そこに自分自身がアジャストできていない部分があったので、自分としては『うん、普通かな』という感じだったんですが、そんな中でもうまくスリップが使えてタイムが稼げたから、4番手というタイムが出せたんじゃないかと思っています」(千葉選手)

神谷が2位でゴール、内藤も11台抜きを果たして成長を感じさせる

4周で競われるコンソレーションを経て、12時50分から決勝レースのスタート進行が開始された。この頃には路面は完全に乾いて、上々のコンディションとなっていた。2列目、4番グリッドからスタートを切った#38神谷は、ポジションキープからのレース開始となるも、前を行く3台からは少しも遅れず、オープニングラップのうちに後続を引き離して、早くもトップグループを形成。2周目の1コーナーで3番手に浮上し、ダンロップコーナーでは2番手浮上を試みるも、ここでの逆転は許されなかった。

しかし、3周目の1コーナーで、バトルが高じて隙が生じた2台を、#38神谷はまとめて抜いて待望のトップに浮上。コーナーでは差をつける#38神谷ではあったが、ストレートでスリップストリームを使われ、なかなか後続を引き離すまでは至らない。そんな状況の中、最終ラップの1コーナーでわずかに失速したのを後続の1台が見逃してはくれず、ダンロップコーナーで逆転を許す羽目に。

最後まで諦めることなく、再逆転の機会をうかがった#38神谷だったが、相手も隙を見せてはくれず、コンマ1秒差で逃げ切られてYaris Cup最初のレースを2位で終えた。

19列目、37番グリッドからスタートの#138内藤は、オープニングラップのうちにひとつ順位を上げて、その後も前を行くマシンにオーバーテイクし続けていく。その積極果敢な姿勢は、今までになかったこと。最終的に26位でゴールし、11台抜きを果たして著しい成長ぶりをうかがわせた。

一方、4列目、7番グリッドからスタートした千葉選手にとっては、ほろ苦デビューになってしまった。ジムカーナ出身とあって慣れぬバトルに手を焼き、思いどおりのラインを通れぬことでラップタイムも安定せず、徐々に順位を落とす。その結果、#138内藤のひとつ前となる、25位という結果に終わっている。またCVTクラス予選3番手だった荒川選手は、ポジションキープならず、ひとつ順位を落として表彰台にはあと一歩のところで届かなかった。






「1コーナーで前がやり合ってくれたので、クロスで行けそうだと思っていたら、2台まとめて抜けて。その後、ドライでのペースには自信があったんですが、最終コーナーまで引き離してきても、スリップで一気に追いつかれちゃうので、ペースを落とさず最後まで保つようにしていたんですが、シフトの入りが悪くて最終ラップの1コーナーで、3速に入らなくて失速して大島(和也)選手に抜かれてしまいました。ちょっともったいなかったですが、レース内容としては面白かったし、見ている方には楽しんでもらえたんじゃないかと思うので、次でリベンジします」(神谷)


「なんとか11番、順位を上げることができました。予選がもうちょっと良かったら、もっと上の順位に行けていたかもしれないので、そこは本当に課題だと思いますし、自分の取り組みを今以上に頑張っていかないといけないと思う部分でした。予選で無様な姿を見せてしまったので、次の鈴鹿で挽回するのと、これだけ抜けるってことはレースの技術も、ちょっとずつついてきているからだと思うので、ここで慢心せず、今まで以上にしっかり取り組んでいきたいと思います」(内藤)

 

Team midress fighters

#38  神谷裕幸「N中部GRGミッドレスYaris」予選4位 決勝レース2位

#138 内藤章太「N中部GRGミッドレスYaris」予選37位  決勝レース26位

#111 千葉翔太選手「ミッドレスYaris」予選7位 決勝レース25位

#48  荒川美恵子選手「ツジホルモンYaris CVT」予選クラス3位 決勝レースクラス4位

#55  飯田 誠選手「midress★HR Yaris」予選 計測できず コンソレーション リタイア

#191 水野泰昌選手「N中部ミッドレスCJR Yaris」予選69位 コンソレーション21位

#131 川瀬武男選手「ミッドレス・FLANZ・Yaris」予選82位 コンソレーション27位

TOYOTA GAZOO Racing Yaris Cup 2021東日本/西日本シリーズRd.1 FSW  RESULT

midress gallery






営業時間

平日:10:00 ~ 18:00

土日祝:10:00 ~ 18:00

※レース参戦日はエンジニア不在の為、メンテナンス等の作業はできませんのでご了承ください。

レーススケジュールはこちら

営業日

営業日 営業日

休業日 休業日

2021年8月

S M T W T F Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2021年9月

S M T W T F Sa
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30