ネッツトヨタ中部

Race Report

86/BRZ Race

Rd6 十勝スピードウェイ

得意の十勝で予選2位、第1ヒート3位
第2ヒートは痛恨のスタートミスも6位まで挽回

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019 第6戦 十勝スピードウェイ
クラブマンシリーズ・エキスパートクラス 3.40587km×14Laps 
予選/決勝第1ヒート       8月17日(土)  天候/晴れ  路面/ドライ
決勝第2ヒート                8月18日(日)  天候/晴れ 路面/ドライ

十勝はストップ・アンド・ゴーの連続
国内サーキットでも特異なレイアウト

 北海道の夏は短い。海水浴ができるのは、7月下旬からお盆くらいまで。その短い夏の真っ只中、8月17日(土)~18日(日)の2日間、北海道・十勝スピードウェイでTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 第6戦が開催された。

 十勝スピードウェイは、北海道の地図でいえば右下、道東に位置している。近くの都市は帯広。一般的に北海道としてイメージしやすい、果てし無くまっすぐな道路や、白樺並木などの風景は、この道東のものだ。このサーキットのコースもまた特徴的で、高低差のないフラットなコースで、バンク角が極めて小さく、コース幅も狭い。つまりカートコースを拡大したかのようなコースになっている。

 そうした他のサーキットとは違ったキャラクターである以上に、プロドライバーであっても走行機会が少ない。年に一度の十勝スピードウェイは、シンプルであるがゆえに、ドライバーの向き不向きがハッキリするコースなのかもしれない。

 1周3.40587kmのコースを14周する、というのは過去のレースと同じ。そして今回も2ヒート制となっていて、予選+14周×2の長い距離を1セットのタイヤで走らなければならない。そのためタイヤマネージメントは、とても重要な要素になる。




大量得点が狙える2ヒート制
予選はタイヤを温存しながらも2番手獲得

 シリーズも終盤となり、十勝を含めて残り3大会、チャンピオン争いもいよいよ正念場となってきた。シリーズランキングのトップを走るのは98ポイントの#84橋本洋平選手(BS)。2位の#305水野大選手(DL)は76.5ポイントで、21.5ポイントもの差がある。そして#38神谷裕幸選手(DL)は67ポイントで3位。4位の47ポイント、#56鶴賀義幸選手(BS)までが、事実上のチャンピオン争い圏内だろう。

 2ヒート制なので、獲得可能なポイントは最大33。ライバルたちが0ポイントということは考えにくいが、それでも差を縮めるために大量得点が欲しい。逆に、今回差を拡げられることになると、チャンピオン獲得の可能性は急激にしぼんでしまう。

 前戦富士でのクラッシュの影響を全く感じさせない、完璧なリペアが施された神谷のマシンは、北海道の夏の日差しを浴びて輝きながら、予選開始を待っていた。前日まで台風の影響による雨で、ウエットコンディションが続いていた。その雨の中、神谷はしっかりとセットアップを進め、納得できる状況にあった。

 だが予選は快晴。路面温度も上がり、いろいろな要素に影響があった。それでも神谷は早めにアタックへと向い、その時点でトップタイムをマークする。タイヤに厳しいコースだけに、その1アタックだけでピットにマシンを戻し、タイヤを温存する。

 しかし、ライバル水野選手が立ちふさがる。昨年初めてこのコースを走り、コースレコードでポールポジションを獲得した水野選手は、神谷を0秒229上回り、今回もポールポジションを奪取してみせたのだ。神谷は2位となったが、もうひとりのライバルである橋本選手が8位と沈んだのが、ラッキーではあった。



第2ヒートのスタートで14位まで転落
それでも8台を抜き返し6位まで挽回

 ヒート1、スタートで水野選手の前に出て、トップに立つことが神谷の理想だったが、それは叶わなかった。しかも後方には、スタートダッシュで3位に上がってきた鶴賀選手が迫ってきた。そのため、水野選手に少しずつ離されてしまう展開に。

 そして10周目の1コーナー、鶴賀選手にパスされ3位へ転落。そこから挽回する速さはなかった。「ちょっと内圧(タイヤの空気圧)が高かったみたいで…」と神谷は悔しそうだった。タイヤの空気圧が高めだと、レース後半に空気圧が高すぎてグリップが低くなる。逆にタイヤの空気圧が低めだと、レース前半に空気圧が不足してグリップが出ない。これには路面温度も関係してくるので、最適な空気圧の設定はとても重要なのだ。

 翌日のヒート2。トップを独走し、最後はペースを落とす余裕まであった水野選手は、タイヤの磨耗も少なく、絶対的に有利な状況だった。それが影響したわけではないだろうが、神谷はスタートでギヤが入っておらず、なんと14位まで順位を落としてしまった。痛恨のミスである。

 トップ争いは、そのスタートで鶴賀選手がトップに立ち、また橋本選手も6位から3位へとポジションを上げた。スタートで有利なブリヂストン勢が、順位を上げてきた。ただ速さで勝る水野選手は5周目にトップを取り戻し、少しずつ2位以下を引き離す。また2位となった鶴賀選手もまた、後続とは離れてほぼ単独走行へ。

 神谷はそのトップグループと同等のタイムで追い上げを見せる。トップ10に戻って来ると、6周目には7位、10周目には6位までポジションを取り戻したが、それ以上は無理だった。

 結果は、水野選手が優勝、2位鶴賀選手、3位橋本選手という表彰台となった。神谷は6位。つまりチャンピオン争いをしているメンバーの中で、このレースでの獲得ポイントは最も少ない。ランキングトップの橋本選手とは33ポイント差、2位水野選手と28.5ポイント差と、現実的にかなり苦しい展開になってしまった。

 第7大会は栃木県・ツインリンクもてぎで、9月14日(土)~15日(日)に開催される。




神谷裕幸選手のコメント

「スタートの時にギヤを入れ忘れてしまいました。こんな凡ミスをしてしまったのは、初めてです。マシンのバランスは良くて、ペースも悪くはなかったと思います。それでも水野大選手とはラップタイムに差があるので、まだマシンに何か詰め切れていない部分があるんでしょうね。もう一度チェックしたいと思います。今シーズンも残り2戦になってしまいましたが、まだチャンピオンの可能性がゼロになったわけではないので、最後まで諦めずに戦おうと思います」

■POINT

1位       #84      橋本洋平             113
2位       #305    水野 大               108.5
3位       #38      神谷裕幸             80
4位       #56      鶴賀義幸             69.5
5位       #130    松井宏太             55
6位       #610    大島和也             49.5

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019 Rd.6 TOKACHI

 

Team midress fighters

【エキスパートクラス】
#38 神谷裕幸選手「N中部GRGミッドレスDL86」予選2位・決勝第1ヒート3位・第2ヒート6位

#52 牧 智晴選手「NUTECリミットN中部86」予選15位・決勝第1ヒート15位・第2ヒート14位

#48 荒川美恵子選手「もらいぼしK1アクト菱木R86」予選16位・決勝第1ヒート16位・第2ヒート16位

 

midress gallery




営業時間

平日:10:00 ~ 18:00

土日祝:10:00 ~ 18:00

※レース参戦日はエンジニア不在の為、メンテナンス等の作業はできませんのでご了承ください。

レーススケジュールはこちら

営業日

営業日 営業日

休業日 休業日

2019年11月

S M T W T F Sa
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2019年12月

S M T W T F Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31